スポンサードリンク

除毛 毛が埋まる

除毛をして数日、伸びてきたムダ毛に混じって黒いブツブツが肌にできてはいませんか?

毛抜きで抜くにしても、カミソリで剃るにしても、ムダ毛の自己処理にはトラブルがつきものです。

そこで今回はそのうちの一つ、埋没毛について見ていきたいと思います。

埋没毛とは?

埋没毛 原因

埋没毛とは、処理したムダ毛が伸びてきたときにきちんと皮膚の上に伸びてくるのではなく、皮膚の下で丸まって伸びてしまう現象です。

見た目的にも良くありませんし、皮膚の下で成長してしまったムダ毛の刺激によって、ひどい痒みが引き起こされることもあります。

埋没毛は放置しておけば、いつのまにか皮膚を突き破って普通に表面に出てきますが、時間もかかり、かといって無理に抜こうとすると皮膚を傷つけてしまいます。

除毛における埋没毛

埋没毛は毛抜きで抜くなど、毛根ごとムダ毛を処理する「脱毛」で起こりやすいトラブルです。

ですが、カミソリで剃ったりもしくは毛を溶かす除毛クリームを使用したときにも起こることはあります。

カミソリ

カミソリ 原因

まずはカミソリの場合。

毛の流れに逆らって剃ったり、カミソリを肌に押し付けるようにして剃ると、毛を深く剃りすぎてしまい、毛の先端が皮膚の下に埋まってしまうことがあります。

またカミソリは、刃物を皮膚の上で滑らせるため、どうしても肌を傷つけてしまいがち…。

傷ついた肌は乾燥して肌荒れを起こし、バリア機能を高めるために角質が分厚くなってしまいます。

これにより、分厚くなった角質を突き破れなかったムダ毛が、皮膚の下で埋没毛となってしまうのです。

除毛クリーム

肌へのダメージが少なそうな除毛クリームですが、薬剤が合っていないと肌トラブルを引き起こしますし、もともとは薬剤で毛を溶かすものなので、肌も毛と一緒に溶けているのだと思っておいたほうが良いでしょう。

つまりカミソリと同じように、肌にダメージがかかっているということ…。

除毛クリームでも肌が傷めば、埋没毛になってしまいます。

まとめ

カミソリや除毛クリームを使ってムダ毛を自己処理する場合でも、新しく生えてきた毛が皮膚の下に埋まってしまう埋没毛を引き起こします。

原因は肌へのダメージ。

過度なムダ毛処理は控え、除毛の前後はしっかり肌ケアをしましょう。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク