スポンサードリンク

除毛 赤いブツブツ 原因

ムダ毛処理をするときに、カミソリや除毛クリームを使う人は多いと思います。

それと同時に、除毛後の肌トラブルに悩む人も多いのではないでしょうか。

よくあるのは赤いブツブツで、いかにも「肌荒れ!」って感じで嫌ですよね。

そこでなにか対策はあるのでしょうか?詳しく検証してみましょう。

カミソリで赤いブツブツができる?

カミソリは結局のところ刃物なので、カミソリで除毛する事でカミソリ負けに気を付ける必要があります。

毛がよく剃れる分、肌まで削ってしまう危険性が高く、目で見てわからなくても、カミソリで剃った後の肌には無数の細かい傷がついている状態で、それが炎症を起こすと赤いブツブツとなって現れます。

またその細かい傷から雑菌が入ると、皮膚炎を発症することもあるので要注意なのです。

ちなみに、普通のカミソリより肌への負担が少ないと言われている電気シェーバーですが、こちらも肌に傷がつくことには変わりありません。

除毛クリームで赤いブツブツができる?

除毛クリームは薬剤を直接肌に付けるため、どうしても合う合わないがあります。

肌に優しいタイプのものもありますが、それでも個人差はあるので、自分に合った薬剤を探す必要があるのです。

とくに敏感肌の人は刺激で湿疹が出やすいので、使用前には必ずパッチテストで確認を行ってくださいね。

除毛前も除毛後もケアが大事!

ムダ毛処理はどんな方法であっても、肌へのダメージを0にすることは不可能です。

なので、除毛による肌荒れを防ぐためには、その都度でケアをしていくことが重要なのです。

  • 除毛前は剃る部分を温めて、肌や毛を柔らかくしておくこと。
  • 剃るときは必ずシェービングクリームを使用すること。
  • 剃り終わったら保湿をしっかり行うこと。

大切なのは「清潔」です。

使うカミソリも常によく切れる刃を用意し、使用後はよく乾かしてから雑菌が付かないような場所に保管するようにしてください。

まとめ

除毛後の赤いブツブツは、カミソリにより傷ついた肌もしくは除毛クリームによる刺激ということが考えられます。

どんな方法で除毛を行っても、どうしても肌への負担は避けられません。

ですが、ムダ毛処理も女性のたしなみの一つなので、できるだけ肌への負担を軽減しながら、適度な頻度で行っていきたいですね。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク