スポンサードリンク

海やプールに遊びに行くとき、水着からアンダーヘアがはみ出していたら最悪ですよね。

そのために、アンダーヘアの処理をしている方も多いと思います。

ですが、とりあえず水着からはみ出なければいいからと雑に処理してはいませんか?

実はアンダーヘアの間違った処理は、埋もれ毛や色素沈着といった重大なトラブルに繋がりやすいので、要注意なんです!

ビキニラインの埋もれ毛や色素沈着の原因とは?

ビキニライン 埋没毛 解消方法

新しく生えてきた毛が、まっすぐ皮膚の上に伸びてくるのではなく、皮膚の中で丸まって伸びてしまう埋もれ毛、埋没毛とも言いますよね。

これの原因はムダ毛を自分で抜いたり、カミソリで深剃りしたりしたことによります。

どちらも肌へのダメージが大きく、肌が炎症を起こして盛り上がり、毛穴を塞いでしまうのです。

そうすると、新しい毛が毛穴からきちんと生えてこなくなりますよね。

色素沈着も同じ事!肌への強すぎる刺激によってメラニン色素が増え、肌が黒ずんでしまうのです。

こんなことが原因かも?

下着がキツかったり、タイトな服を好んで着ていたりしても埋もれ毛や色素沈着を引き起こしてしまうことがあります。

特にビキニラインって、下着のゴムがちょうど当たる位置ですよね。

あまり圧迫された状態が続いたり、繰り返し刺激が加わったりするのは避けたいですね。

埋もれ毛の解消法

埋もれ毛 スクラブ

埋もれ毛は、基本的にはそのうち自然と皮膚の上に生えてくるので、辛抱して待つのが一番。

間違っても、むりやり皮膚をほじくって抜き出そうとしてはいけませんよ。

ですが、そのままにしておくと皮膚の中で炎症を起こして、ひどいと化膿してしまうこともあります。

早く埋もれ毛を解消させるためには、ピーリングや、スクラブによる角質除去を行うと良いでしょう。

肌の余分な角質を取り除いて、埋もれてしまった毛が生えてきやすくします。

ただし、必ず埋もれ毛のある場所が炎症を起こしていない時に行いましょう。

色素沈着の解消法

ビタミンC 効果

色素沈着の解消には、少しお金がかかります。

美白美容液などを使うのが良いのですが、できればデリケートゾーン専用のものを選びましょう。

このときに、トラネキサム酸やビタミンC誘導体といった成分が入っている商品を選びます。

これらは厚生労働省が美白成分として認可しているものなので安心ですね。

ほかにはβアルブチンも良いのですが、αアルブチンという似た成分もあって、αのほうはデリケートゾーンでは少し刺激が強すぎるので気を付けましょう。

まとめ

ビキニラインを処理する際は、毛抜き、それにカミソリによる深剃りには気を付けましょう。

デリケートゾーンは肌も薄く、非常にデリケートなので、少しの刺激でもトラブルを引き起こしやすくなっています。

処理の仕方以外にも、シェービングクリームで肌を保護したり、処理後はしっかり保湿ケアをするなど、肌をしっかり労わってあげましょう

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク