スポンサードリンク

毛穴の数には個人差があります。

ですが、毛穴が多いからブツブツが目立つかと言えば、そうとも限りません。

毛穴が目立つ原因は、毛穴の数が多いこと以外にもいろいろあります。

今回は手の甲に注目して、どんなことが原因となっているのか見ていきたいと思います。

毛穴が目立つ原因は?

手の甲 毛穴

毛穴が目立つかどうかは、肌の状態によります。

よく「キメの整った肌」って言葉を聞きますよね。

キメの整った肌は引き締まっているため、毛穴が目立ちにくいんです。

それに対してキメが整っていない、つまり肌が緩んでいると、毛穴も広がって目立つようになってしまいます。

毛穴を目立たなくさせるためには、肌のキメを整えること!

そのためには、どんなことに注意すれば良いのでしょうか。

毛穴を目立たなくする為の改善方法は?

乾燥

体を洗うのは一日一回だと思いますが、手は外出から帰ってきたとき、トイレに行ったときなど頻繁に洗いますよね。

石鹸を使えば、なおさら手の乾燥は進みます。

こまめにハンドクリームを塗ってケアしたいですね。

日焼け

手の甲まで日焼け止めはしっかり塗っていますか?

紫外線は肌を老化させ、乾燥も助長します。

血流不足

手の甲から指先にかけては血行不良になりやすいので注意です。

指先が冷えやすいという人は、こまめにマッサージを行ったり、お風呂に入って血流を良くしたりしてみてください。

ムダ毛処理が原因かも

女性でも手の甲のムダ毛が多い人はいます。

そうすると、あまり手の甲がモジャモジャでも恥ずかしいのでムダ毛処理をしますよね。

ですが、そのムダ毛処理の仕方を間違っていたり、雑に行っていたりすると、結果的に毛穴が目立ってしまうことがあるのです。

手の甲のムダ毛はカミソリで処理する人が多いでしょうか。

カミソリの刃はよく剃れるものを使っていますか?

切れ味の悪いカミソリを何回も肌の上に滑らせていると、毛は剃れていないのに皮膚ばかりが傷ついていってしまうという悪循環が生まれます。

また、処理後のケアも大事。

たとえよく剃れるカミソリを使っていても、肌は傷つきます。

必ず剃り終わったら保湿をして、傷ついた肌を労わってあげてくださいね。

処理後にしてはダメなこと

手の甲のムダ毛処理をした後、すぐにお風呂に入ったり運動をしたりすると、毛穴が開いてそこに汗や皮脂が詰まってしまいます。

毛穴詰まりを起こすと余計に毛穴が目立ってしまうので、できるだけムダ毛処理をした後は汗をかくような行動を避けましょう。

まとめ

手の甲の毛穴は、たとえ数の少ない人でも肌ケアを怠っているとブツブツが目立ってしまいます。

ポイントは、肌のキメを整えること。

手は荒れやすい部分なので、こまめにハンドクリームを塗ったり、ムダ毛処理の頻度を押さえたり、処理後のケアをしっかり行うなどしてきちんと労わってあげましょう。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク