スポンサードリンク

手の甲の外側、つまり小指側のムダ毛が長かったり濃かったりする人がいます。

手の甲って面積は小さいのに、どうして場所によって長さが違ったりするのでしょう。

また、女性でも手の甲のムダ毛に悩んでいる方は意外と多いですが、何か毛が濃くなる原因ってあるのでしょうか。

早速見ていきたいと思います。

外側のほうが濃いのはどうして?

手の甲 外側 濃い

詳しい原因は分かっていないのですが、人間の体毛というのは外部の刺激から体を守るために生えていると言われています。

そのため、より外部刺激を受けやすい外側のほうが、毛が長くなる傾向にあるのではないでしょうか。

また、毛は血液に乗って流れてくる栄養をもとに作られます。

毛の伸びが早い人は血流がよく、栄養がしっかり届いている証拠とも言えるのかもしれませんね。

女性で手の甲が剛毛の人は?

手の甲 剛毛 ホルモンバランス

女なのに手の甲のムダ毛がボサボサって、なんだか恥ずかしい…。

そう思うかもしれませんが、ネットを見ていると同じような悩みを抱えている女性は意外とたくさんいます。

でも、どうして人によってムダ毛の濃さは違うのでしょう。

遺伝ということもありますが、女性の場合はホルモンバランスが乱れて、男性ホルモン優位になっている可能性も高いです。

普段の生活が乱れていたり、もしくは生理や妊娠、更年期などでもホルモンバランスが乱れやすいのが女性の特徴!

まずは普段の生活を正してみて、体の調子を整えてみてください。

手の甲のムダ毛処理の方法は?

電気シェイバー 毛

手の甲のムダ毛処理で一番オーソドックスなのは、カミソリで剃る事でしょうか。

何より手軽なのでやりやすいですが、処理後のケア(保湿)をしっかりしないと、毛穴が目立ってしまったり肌荒れを起こしてしまったりします。

もしお持ちなら、カミソリより電動シェーバーのほうがオススメです。

肌に直接刃が当たらないので、肌への負担が軽減されます。

もしくは、除毛クリームも肌への負担は軽めとされています。

クリームを塗って毛を溶かす方法なので、刃物を使うよりは安全そうですよね。

除毛クリームは最後にクリームを洗い流す必要がありますが、手の甲なら洗面所で手を洗うだけで済むので、楽な方法と言えるのかもしれません。

あえて毛を残すという方法も!

手の甲に毛が生えていてもそこまで気にならないという人なら、抑毛や脱色という方法の方が、さらに肌への負担は軽くなります。

毛を薄くしたり色を抜いてしまえば、意外とムダ毛も目立たないもの。

手の甲のムダ毛がもともと薄い人は、こちらの方法も検討してみてはいかがでしょう。

まとめ

手の甲の外側の毛が濃いという人は、男性でも女性でも意外と多くいます。

ムダ毛が目立つから処理をしたいと思うかと思いますが、きちんと処理をしないと、かえって毛穴が目立ってしまったりするので、肌を労わりながら処理しましょう。

それほど毛が気にならない人には、抑毛や脱毛という方法もおすすめです。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク