スポンサードリンク

自分でもよく見える部分なだけに、指に生えている毛って気になりますよね。

中にはSNSでネイルを自慢しようとして写真をアップしたところ、「ヤバイ、指毛が写ってた!」と焦った経験をお持ちの方もいるのでは?

あなたは指毛、きれいに処理できていますか?

指毛の処理はどうする?

一瞬で処理できるカミソリも魅力ですが、指毛は数本ですし、毛抜きで抜いているという人も多いのではないでしょうか。

少し痛みを我慢すれば、新しい毛が生えてくるまでに時間のかかる「抜く」処理はメリットが大きい気もします。

ですが、毛穴のあったところに黒いポツポツができて仕上がりが汚いというケースも多いようです。

黒いポツポツはなぜ残ってしまうのでしょうか?

黒いポツポツの正体は?

黒いポツポツは、人によって原因が違うと思います。

そもそも毛抜きでの処理に慣れていない人だと、毛が途中で切れてしまっている可能性がありますね。

ちぎれて残った毛が黒いポツポツとなって見えているケースです。

また、きちんと根本から抜いていても、毛が簡単に抜けないよう接着剤の役割をしている「毛根鞘」というものが残ってしまっているケースもあります。

さらには、毛根には毛細血管がくっついていて、そこから毛の材料を受け取っているわけですが、その毛細血管が毛を抜いた衝撃でちぎれて内出血を起こしている場合もあります。

これらへの対策としては、できるだけお風呂上りなど毛穴が開いていて、肌や毛が柔らかくなっているときに処理を行うこと!

毛を抜くときは毛の流れに従って引っ張るようにすること!

この二つに注意してみてください。

毛穴詰まりも

もしくは、処理後のケアが不十分で毛穴詰まりを起こしているために黒いポツポツが見えている可能性も考えられます。

毛抜きで抜くと、どうしても刺激が強いため、毛穴が大きく開いてしまいます。

そこですぐにクールダウンさせて皮膚を引き締めれば良いのですが、面倒臭がってケアを怠っていると、開きっぱなしの毛穴に汚れや汗、皮脂などが詰まって黒ずんでしまうのです。

処理後は必ず保湿、そして肌を冷やして引き締めるようにしてくださいね。

赤いポツポツは?

あと、指の場合は黒ではなく赤いポツポツができることもありますよね。

これも、処理後のケアが不十分な場合に起こりやすいトラブル!

毛を抜いた際の刺激で、まわりの皮膚が炎症を起こして腫れてしまっている状態です。

炎症を鎮めるため、処理後はクールダウンさせて保湿を行うこと。

また、毛を抜いたことで肌が傷ついている状態なのでオロナイン軟膏を塗ることも有効です。

まとめ

指毛は、女性だと見られたときに気まずくなるので処理しておいたほうが安心です。

ですが、毛抜きで抜くと毛根や皮膚に刺激が強すぎるため、きちんと正しい抜き方をして、処理後はしっかりケアをするようにしてくださいね。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク