スポンサードリンク

足とか脇って、ムダ毛処理の頻度が多い場所ですよね。

カミソリで処理している人だと、それだけカミソリ負けによるトラブルも多くなっている場所なのではないでしょうか。

カミソリ負けでは人によって痒くなったり、痛くなったりと症状は様々ですが、なにか早く治す秘訣のようなものってあるのでしょうか。

カミソリ負けとは?

カミソリ負け 痒み

カミソリ負けの症状は人それぞれ。

「赤み」「ぶつぶつ」「痒み」「湿疹」「ヒリヒリ」「痛み」「乾燥」さらには「出血」も。

これらは全部、カミソリの刃により皮膚が傷ついているために起こります。

目に見えないだけで、皮膚に無数の小さな傷ができている状態なのです!

なので、カミソリ負けを早く治すには、その皮膚にできた傷を治すことを考えなくてはいけないのです。

カミソリ負けを解消する方法は?

①冷やす

カミソリ負け 冷やす

キズができると周りの皮膚が炎症を起こします。

炎症は冷やして抑えてあげること。

絞ったタオル、保冷剤を包んだタオル、もしくはシャワーの水で足を冷やしても良いですね。

できればカミソリで処理した後、毎回クールダウンさせられるとベストです。

処理後の保湿に付ける化粧水を冷蔵庫で冷やしておいても、夏なんかは気持ち良いですよね。

②保湿

カミソリ負け 保湿

カミソリで処理をすると、肌の角質などもはがれてしまい乾燥が進んでしまいます。

カミソリで剃った後は、必ず保湿ケアをしてくださいね。

保湿でポイントなのは、「水分」と「油分」をバランスよく補給すること!

まずは化粧水などで水分をしっかり肌の中に浸透させたあと、クリームなどで蓋をしてください。

乾燥肌の人にはワセリンもおすすめですね!

③新陳代謝を良くする

傷の治りを早くするには、肌の生まれ変わりの循環(新陳代謝)を良くする必要もあります。

正常な肌のターンオーバーを作るには、食事からビタミンやミネラルをバランスよく摂ること!

特に野菜をしっかり食べるようにしたいですね。

食事だけでなく、規則正しい生活をすることも大事。

睡眠時間はしっかり取って、疲れが溜まらないようにしましょう。

④刺激に注意

傷が治るまでは、できるだけ肌に刺激を与えないようにしたいところ。

特に服の摩擦には気を付けましょう。

ズボンが駄目ならスカート…と言いたいところですが、ストッキングも足に摩擦がかかりやすいので要注意です。

また、お風呂で体を洗う時は、あまりゴシゴシ強く洗わないようにしてくださいね。

まとめ

カミソリ負け 対策

カミソリ負けは、肌にできた小さな傷により起こるので、早く治すには傷を治す必要があるのです。

カミソリ負けは数日で治まることが多いですが、その期間はできるだけ肌に負担をかけないような生活を心掛けてくださいね。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク