スポンサードリンク

眉毛が太かったり濃いことを気にしている女の子って意外と多いですよね?

中学生ぐらいになると、クラスのオシャレな女の子がふんわりとした薄い眉毛に整えたり始まる時期ですが、自分ではやり方が分からない…とお困りの方も多いのでは?

そこで今回は迷っているアナタのために、お金をかけずに眉毛を薄くする方法をご紹介したいと思います。

まゆげを細くする方法は?

中学生 高校生 眉毛 薄く

高校だと学校によってはメイクOKなところもありますが、今回はメイクでごまかすのではなく、眉毛自体を整えて薄くする方法です。

ただ、中学生や高校生だとあまりお金はかけられませんので、脱色やカラー、もちろんエステに行って整えてもらうというのも難しいと思います。

そこで自宅でコストがかからない方法なのが、眉毛を「カット」することと「抜く」ことです。

用意するものは?

コストがかからないといっても0円ではさすがに無理です。

本当は良い道具を使いたいところですが、中学生なら100均で手に入るものでも良いでしょう。

用意したいものは「毛抜き(眉用がベスト)」「眉用ブラシ」「眉用コーム」「ハサミ」です。

眉用コームとハサミが一緒になっているものもあるので、是非100均の化粧品コーナーで探してみてください。

眉毛を薄くする方法

基本はブラシで整えながら、はみ出た毛をハサミでカット、それでもはみ出ているものを毛抜きで抜くという整え方になります。

もう少し詳しく、順を追ってみていきましょう。

  1. まずはブラシで毛の流れに沿って眉毛を整えます。
  2. 整えたい眉毛の形をしっかりイメージしておきましょう。
  3. イメージした形をアイブローペンシルで実際に書き込んでも大丈夫です。
  4. コームで梳かしながら、イメージした形からはみ出ている毛を1本ずつハサミでカットします。
  5. それでもはみ出ている毛は毛抜きで抜きましょう。
  6. ブラシで整えながら、濃い部分の毛を1本ずつ抜きます。

1本カットしたら(抜いたら)ブラシで整えて確認する、というぐらい慎重でちょうど良いです。

カットしすぎ、抜きすぎは後から元に戻せないので、くれぐれも注意して整えてくださいね。

少し濃いぐらいでOK

「自分の眉毛は濃い」と思っている女の子が多いので、みなさん薄くしすぎる傾向にあります。

しかし、薄すぎる眉毛も細すぎる眉毛も、傍から見ればおかしいだけです。

一部分だけ抜きすぎたりすると、まるで”プチ10円ハゲ”みたいになって不格好なので、少し濃いぐらいでやめておいた方が良いと思いますよ。

まとめ

中学生、高校生の女の子は眉毛を整えたいお年頃だと思います。

まだまだお金はかけられないと思うので、毛抜きとハサミを上手く使って眉毛を整えてみてはいかがでしょう。

ですが、薄くしすぎには要注意ですよ!

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク