スポンサードリンク

顔の産毛、クリームを塗って洗い流すだけで処理できたら楽ですよね。

ですが、除毛クリームを顔に使うのはとても危険です。

大切な顔が見せられない状態にならないように、除毛クリームの注意点についておさらいしておきましょう。

顔に除毛クリームは使えない!

除毛クリーム 顔

普通にドラッグストアで買える除毛クリームは、ほとんどが「ボディ用」。

しかも、ボディ用でも皮膚の薄い脇の下やデリケートゾーンには使えない商品が多いです。

そんな作用の強い除毛クリームを顔に使ったらどうなるか…。

考えてだけでも、怖くなりますよね。

「すぐに洗い流せば大丈夫」「そう言っても、実際はそんなに問題ないでしょ」なんて軽い気持ちで使って、顔に炎症が起こって赤く腫れ上がってしまったり、痛くてお化粧もできなくなってしまっては面倒ですよね。

ネットショッピングで買えるものの中には、顔用の除毛クリームもあるので、顔用のものをお探しの方は、ネットなどでよく調べてから買うようにしましょう。

アフターケアが大事!

除毛クリームでなく、カミソリで処理する場合も同じですが、ムダ毛処理のあとはアフターケアがとっても重要です。

顔の敏感な肌は、ちょっとしたことでも炎症を起こしてしまいます。

処理が終わったら、まずは冷たい水で絞ったタオルなどを当てて、肌をクールダウンさせること。

そして、そのあとにしっかり保湿ケアをしましょう。

化粧水をたっぷりつけて、その上から乳液やクリームなどで蓋をする手順でケアをすると良いですね!

顔ならワックスシートも!

顔 除毛クリーム 危険 炎症

ついつい除毛クリームと考えてしまいがちですが、似たような商品で脱毛ワックスシートというものもあります。

こちらはシートを貼って剥がすと、産毛が一緒に剥がれるという仕組みで、除毛ではなく脱毛になりますね。

ポイントは、肌を押さえながら一気に剥がすこと。

ちょっと痛みはありますが、こちらのほうが除毛クリームよりは安全かもしれません。

ただし、こちらも処理後のケアをしっかりしないと肌が炎症を起こしてしまう原因になってしまうのでご注意を!

顔の産毛に一番いい処理法は?

どうしても顔は外見を左右するので、絶対に失敗できません。

確実なのはプロに任せること!

脱毛サロンやクリニックでもいいですが、もう少し手軽なのが理容師さんによる「お顔剃り」です。

理容師さんもお肌のプロなので、安心して任せられますね。

もし自分でやるなら、I字カミソリを用意して良く注意しながら剃っていくようにしてくださいね。

まとめ

顔 除毛クリーム 危険 痛い

除毛クリームを顔に使うことは危険です。

除毛クリームはたんぱく質を溶かすため、毛だけでなく肌も少しですが溶けていると考えたほうが良いでしょう。

もしカミソリで剃るのは面倒、プロに任せるのもちょっと、というようなら、ワックスシートもオススメします。

いずれの方法にしても、アフターケアだけは忘れずにしっかり行ってくださいね。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク