スポンサードリンク

毛の生え変わりというのは新陳代謝なので、暑くなって血行が良くなる夏は伸びるのが早くなり、血行が悪くなる冬は伸びるスピードが遅くなると言われています。

ということは、ムダ毛処理の頻度もそれに合わせて変える必要がありますよね。

どんなふうに変えていったら良いのでしょうか。

週に一度がベスト!

春夏秋冬 ムダ毛 頻度

カミソリや電動シェーバーで剃るにしろ、毛抜きで抜くにしろ、除毛クリームなどのアイテムを使うにしろ、ムダ毛の自己処理は肌にも負担がかかります。

足や腕なんかは見えやすい部分ですし、毎日でも処理したいかもしれませんが、それでは肌がボロボロになってしまう可能性があります。

ムダ毛処理は、基本的には1週間に1回のペースが良いでしょう。

できるだけ服でカバー

春夏秋冬 ムダ毛 頻度 ケア

週に一度のムダ毛処理がいいと言われても、剃った次の日にはチクチクしだして、2~3日もすれば毛が生えていることがバレバレになってしまいます。

ですがそこですぐに剃らないで、できるだけ服装で隠すように努力してみましょう。

夏以外の季節なら、長袖の上着を着たり、スカートの下にタイツを履くだけでも分からなくなりますよね。

ムダ毛処理のペースに合わせて、コーディネートを考えることって意外と重要です。

あとは、肌を見せるここぞというときのためにムダ毛処理は取っておくこと。

彼氏とのデート、海やプールに遊びに行く予定、もしくは温泉旅行に行くなど、ここぞというときに処理できるように、その日まではムダ毛処理を控えておくと良いでしょう。

冬は意外とみんな処理してない!?

女性なら常にツルツルで当たり前。

そんなふうに思ってはいませんか?ネットの声などを見ていると、意外と冬はボーボーにしているという女性も多くいます。

お酒を休む「休肝日」ならぬ、お肌を休める「休肌日」を冬場にもってきても良いかもしれませんね。

アンダーヘアはお手入れしておいたほうがいい?

アンダーヘア 処理 方法

腕や足、それに脇は服装などである程度、処理の頻度を減らすことができますが、アンダーヘアはどうでしょう。

温泉に行くとか、彼氏の家にお泊りするなんてとき以外は処理しなくても良さそうですが、デリケートゾーンって蒸れて不快感が起こりやすいですよね。

デリケートゾーンの肌は非常に敏感なので、カミソリや毛抜きでの処理はNGですが、量を減らして通気性を良くする目的で、ハサミでカットするのは良いでしょう。

ただし、ハサミで切ると毛の先端がとがってチクチクしてしまうので、それが嫌な人にはヒートカッターでの処理をおすすめします。

まとめ

ムダ毛は夏のほうが伸びるスピードが早く、さらに夏は肌を見せる機会も多いため、どうしても処理の頻度が多くなりがち。

できれば週に一度のペースにとどめておきたいですが、それでも肌に負担はかかっているので、あまり肌を見せなくてすむ冬場に処理を控えて、お肌を休ませてあげるとよいでしょう。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク