スポンサードリンク

水酸化カルシウムと水酸化ナトリウムは、どちらも強力なアルカリ剤で、除毛クリームの有効成分であるチオグリコール酸カルシウムの働きを支えるために配合されています。

強力なアルカリ性というと、なんとなく肌に悪そうなイメージもありますが、使うことでどんなデメリットが発生するのでしょうか。

肌は弱酸性

弱酸性 肌

「肌と同じ弱酸性」をうたっている石鹸やシャンプーのCMってよく見ますよね。

そう、肌は弱酸性です。

ちなみに、肌が酸性に傾くとオイリー肌になり、アルカリ性に傾くと乾燥肌になります。

となると、強力なアルカリ剤が使われている除毛クリームを使うと、肌がアルカリ性に傾いてしまいますよね。

アルカリ性に傾くということは肌が乾燥するということ。

乾燥肌は見た目がカサカサになるだけでなく、バリア機能が低下して、肌荒れや皮膚炎を引き起こす原因になります。

そんなデメリットがあるのに除毛クリームを使うなんて…と思うかもしれませんが、基本的に健康な弱酸性の肌なら、多少アルカリ性に傾いても、肌自身で中和してくれるため、そこまで問題というわけでもありません。

アルカリ性のアフターケア用品はNG

肌がアルカリ性に傾いても、そこまで酷くなければ勝手に中和されます。

ですが、アフターケアとして化粧水やクリームを塗ったときに、その中和を邪魔してしまうようなものを使ったら台無しですよね。

除毛後に使う化粧水やクリームといったものは、弱酸性のものを使うようにしましょう。

アルカリ性のものを使ってしまうと、アルカリ性に傾いた肌がちゃんと弱酸性に戻ってくれなくなってしまいますよ。

こんな人は使用NG!

除毛クリームは、カミソリや毛抜きなどの処理方法と比べると肌に優しいと言われていますが、本当に肌が弱い人には不向きです。

また使用されているチオグリコール酸カルシウムなどの薬剤が、すべての人の肌に合うというわけでもありません。

そのために大切になってくるのが「パッチテスト」です。

パッチテストは、商品を買って最初の一回だけ行えば良いというものではなく、毎回使う前に行う必要があります。

万が一のことがあってからでは遅いので、面倒臭がらずに、パッチテストは毎回ちゃんと行いたいですね。

また、敏感肌の人やアトピー体質の人、ニキビなど肌が荒れている状態のとき、また肌が弱っている生理中も使用は控えたほうが無難です。

まとめ

除毛クリームに含まれている水酸化カルシウムや水酸化ナトリウムは、強いアルカリ剤です。

除毛クリームの効果を維持するためには必要なもので、安全性が高いとされていますが、強いアルカリ性なので肌が弱い人だと、肌荒れや皮膚炎を起こす可能性もあります。

除毛クリームを使う前は、毎回必ずパッチテストを行って、異常がないことを確認してから使うと安心ですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク