スポンサードリンク

ムダ毛って本当にムダ…って思ってはいませんか?

今でこそ”ムダ”と言われていますが、ずっとずっと昔、服を着る習慣がなかったころの人間にとって、ムダ毛はとっても大切なものだったのです。

ムダ毛が生えてくる意味とは?

ムダ毛 生えなくなった 理由

ムダ毛とは、髪の毛や眉毛、まつ毛などの必要性がある毛以外の、全身に生えている毛のことを言います。

ですが、そのムダ毛にもちゃんと必要性はあります。

体温調整

人間に服を着る習慣がなかったころは、ムダ毛がいわば服代わりだったのです。
さらに、肌を外部刺激から守るためにもムダ毛は重要で、要はクッション代わりということですね。

また、ほこりや紫外線といった目に見えないレベルの刺激からも、ムダ毛は肌を守っています。

毒素を排出する

ほかにちょっと面白い役割としては、体内に溜まった毒素を排出する、触覚をサポートするといったものもありますね。

また、脇毛や男性のギャランドゥなどは、フェロモンを出して性的魅力をアピールする役割も持っていると言われています。

現代ではムダ毛はムダでしかない?

ムダ毛にはいろいろと大事な役割があることが分かりましたが、現代においては、それほど重要ではありません。たとえば体温調節にしても、服装で調節して、さらにはエアコンなどを使えば十分に調節できてしまいますよね。寒ければカイロを貼って、暑ければウチワで扇げば事足りてしまいます。
紫外線にしても、日焼け止めや日傘などがあるので、わざわざ毛で防ぐ必要はなくなっています。

ムダ毛が生えなくなった!その理由は?

毛の濃さというものは、遺伝の部分が大きく関係しています。

ですが、それ以外でも体質の変化や生活習慣の乱れなどで、毛の濃さというものは意外と頻繁に変わっています。

もともと剛毛だったけれど、いつのまにか薄くなっていた、といってもそれほど心配しなくても良いでしょう。

ですが、ムダ毛がまったく生えなくなってしまったといったら、ちょっと心配です。

永久脱毛をした、という記憶があれば別ですが。

一部分だけ、たとえばスネ毛だけ生えなくなったというようなら、その部分に繰り返し刺激が加わっていた可能性が考えられます。

スポーツをしていてプロテクター(すね当て)をしていた、もしくは締め付けのきつい靴下をはいていたなど、思い当たることはありませんか?

なにもしていないのに広範囲でムダ毛が生えなくなったというようなら、なにか病気の可能性もあります。

心配なことがあれば、早めに病院を受診するようにしたいですね。

まとめ

ムダ毛は現代でこそ「ムダ」と言われていますが、昔は体温調節をしたり、外部刺激から肌を守ったりと重要な役割を持っていました。

つまり、ムダ毛は体の防衛本能が働いている証拠。

たまに、同じ部分に繰り返し刺激が加わると、その部分だけムダ毛が生えなくなることがあるようですが、広範囲で生えなくなったというようなら、病気の可能性も考えたほうが良いでしょう。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク