スポンサードリンク

カミソリでのムダ毛処理に慣れている人でも、ちょっとした油断でカミソリ負けを起こしますよね。

ヒリヒリ・ピリピリしたり、痒くなったり、赤くなったり、ブツブツができたり…。

せっかくムダ毛処理してツルツルになっても、肌がそんなだとテンションもだだ下がりです。

では、オロナインでカミソリ負けを早く治せるって本当なのでしょうか?気になる真相を検証してみます。

オロナイン軟膏とは?

「そういえば家にある」という人も多いのではないでしょうか。

オロナイン軟膏は、ちょっと独特のニオイがする昔から変わらぬパッケージのお薬です。

オロナイン軟膏の有効成分は「クロルヘキシジングルコン酸塩液(20%)」です。

これだけだとなんの薬か分かりませんが、これは殺菌消毒剤として使われている成分です。

オロナイン軟膏には、クロルヘキシジングルコン酸塩液(20%)以外にもいろいろ配合されていますが、皆さん耳にしたことのあるものだと「ワセリン」「グリセリン」「オリブ油」なども配合されているんですよ。

オロナイン軟膏の効果は?

オロナイン軟膏の効果は「抗菌・殺菌、それに止血作用」もあります。

効果があるものをざっと上げると、「にきび」「吹出物」「はたけ」「やけど(かるいもの)」「ひび」「しもやけ」「あかぎれ」「きず」「水虫(じゅくじゅくしていないもの)」「たむし」「いんきん」「しらくも」となります。

結構、守備範囲が広い感じで一般的な皮膚トラブルのほとんどがオロナイン軟膏でカバーできてしまいます。

カミソリ負けにも使えるの?

かみそり負け オロナイン

カミソリ負けは、カミソリの刃によって皮膚が傷ついてしまっている状態です。

つまりは「傷」。

もちろんオロナイン軟膏の守備範囲に入っているので、問題ないでしょう!

オロナインには抗菌・殺菌作用があるので、傷口からバイ菌が侵入してくるのを防いでくれます。

カミソリ負けも、きちんとアフターケアをしなかったり清潔にしていなかったりするとバイ菌が侵入してしまうこともあり、毛嚢炎という皮膚炎を引き起こしてしまうこともあるので、オロナイン軟膏で消毒しておくのは良いですね。

カミソリ負けは2~3日で治る

カミソリ負けは、早い人なら当日中に治まりますが、普通でも2~3日のうちに症状が治まるのが一般的です。

その際にオロナイン軟膏を塗っておくと、早めに回復していく傾向にあるようですが、それでもなかなか治らなかったり、むしろ症状がひどくなったようなら、早めに皮膚科で診てもらうようにしましょう。

まとめ

カミソリ負けは2~3日中には治まることが一般的です。

ですが、早めに治したいのならオロナイン軟膏を塗っておくのも良いでしょう。

オロナイン軟膏には抗菌・殺菌作用があるので、カミソリの刃によって傷ついた肌の消毒にもなりますよ。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク