スポンサードリンク

最近ではドラッグストアでも、いろいろな除毛クリームを見かけるようになりましたよね。

気にはなっているけれど、まだ使ったことがない。

そんな人のために、今回は除毛クリームの基本情報について解説していきたいと思います。

脱毛クリームではない!?

よく「除毛クリーム」と「脱毛クリーム」を混同している人がいます。

除毛とは、肌表面に出ている毛を処理することでカミソリで剃るのが除毛ですね。

対して脱毛は、肌の下にある毛までを処理することを言い、毛抜きで毛を抜くのが脱毛です。

一般的に売られているものは、ほとんどが「除毛クリーム」。

肌の表面に出ている毛だけを処理するためのクリームとなっています。

除毛クリームの仕組みとは?

除毛クリーム 仕組み

除毛クリームの有効成分として「チオグリコール酸カルシウム」があります。

この成分には、ムダ毛を構成しているケラチンという、たんぱく質の一種を分解して溶かす作用があります。

そのため、ムダ毛が生えている部分にクリームを塗ることで、毛を溶かして無くすことができるのです。

除毛クリームのメリットは?

除毛クリームのメリットは、なんといっても簡単なこと!

クリームを塗って数分置いて、そして拭き取ったり洗い流したりするだけなので、忙しい人にも持ってこいですよね。

お風呂で使えるタイプの商品もいろいろと出ているので、お風呂に入ったついでに行えるのも魅力的です。

また、カミソリのように肌に刃が当たることもないので、肌にも比較的優しいと言われています。

除毛クリームのデメリットは?

除毛クリームが肌に優しいと言っても、人によっては薬剤が合わなくて肌荒れを起こす可能性もあります。

有効成分のチオグリコール酸カルシウムが、肌を溶かしてしまうことはありませんが、それでもピリピリしたり赤くなったりすることはあります。

また、除毛であって脱毛ではないため、クリームで処理をしても、またすぐ新しい毛が生えてきます。

永久脱毛ではないので、定期的に処理をする面倒はあるのかもしれません。

用途に合わせて商品を選ぶ!

ドラッグストアに置いてあるものでは、ボディ用の除毛クリームが多いですが、ボディ用といっても、肌が薄いデリケートゾーンや脇の下、また顔には使えないことが多いので、よく表示を見なければなりません。

デリケートゾーンや脇の下で使いたかったり、肌が弱くて普通のものは使えないという人は、敏感肌用などを選ぶ必要があります。

一口に除毛クリームと言っても、クリームだけでなくジェルやローション、乳液タイプなどもあります。

自分の用途や肌の状態などと相談しながら、最適な商品を選びたいですね。

まとめ

除毛クリームは、有効成分のチオグリコール酸カルシウムが毛のたんぱく質を溶かすことでムダ毛を処理できるアイテムです。

誰でも簡単に使える手軽さはありますが、人によっては肌に合わなくて皮膚トラブルを起こしたり、脱毛ではないので新しい毛がすぐ生えてきたりと、メリット・デメリットが混在しています。

除毛クリームにもいろいろ商品はあるので、自分に合った商品を選ぶようにしたいですね。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク