スポンサードリンク

クリームを塗るだけで、ムダ毛を処理することのできる除毛クリームって便利ですよね。

でも、どうしてクリームを塗るだけで毛をなくせるのか、不思議に思ったことはありませんか?

ここでは、除毛クリームの有効成分と言われている「チオグリコール酸カルシウム」の効果について見ていきたいと思います。

チオグリコール酸カルシウムって?

チオグリコール酸カルシウム 効果

除毛クリームの成分表示を見てみると、多くのものに「チオグリコール酸カルシウム」と書いてあります。

これが除毛クリームの有効成分となるもので、毛のたんぱく質(ケラチン)を分解して溶かす作用があるのです。

チオグリコール酸カルシウムは、パーマ液にもよく使われています。

パーマは、1液で髪を構成しているたんぱく質(ケラチン)を分解し、髪にクセを付け、2液で分解したケラチンを再結合させて、クセをキープしています。

そのときの1液で、チオグリコール酸カルシウムは大事な役割を担っているのですね。

安全性は?副作用の心配は?

チオグリコール酸カルシウム 副作用

「たんぱく質を分解する」というと、ちょっと怖いイメージがありますが、チオグリコール酸カルシウムは厚生労働省の認可を受けた医薬部外品です。

作用は比較的穏やかだと言われており、肌への負担も少なめなので、カミソリ負けを繰り返している人にもおすすめです。

除毛?それとも脱毛?

商品によっては「除毛クリームで」はなく「脱毛クリーム」と書かれているものもありますが、基本的には「除毛」です。

ちなみに除毛は、肌の上に出ている毛のみを処理するもの。脱毛は肌の下、毛の根元から処理するものを言います。

クリームを塗って毛を溶かすわけですが、皮膚の下の毛にまでは作用しません。

つまりは毛の根元部分は残ったままなので、またしばらくすると新しい毛が生えてくるということ!

効果が永久ではないので、カミソリと同じように定期的に処理する必要はあります。

全身に使えるの?

たいがいの除毛クリームは、足や腕なら問題なく使えます。

ただしボディ用と書いてあっても、脇の下やデリケートゾーンには使えないものも多くあるので注意しましょう。

脇の下やデリケートゾーンは皮膚が薄く、柔らかいので、ボディ用だと刺激が強すぎることがあり、肌荒れなどの原因となってしまいます。

もちろんボディ用を顔に使うのもNG!

商品を買う前に、どの部分に使えて、どの部分には使えないのか、しっかり表示を確認するようにしましょう。

まとめ

除毛クリームに使われているチオグリコール酸カルシウムは、毛のたんぱく質を溶かすことで除毛してくれます。

ただし、皮膚の下にある毛の根元部分までは除去できないので、定期的にお手入れしないと新しい毛が伸びてくるのでご注意を。

カミソリよりも肌にやさしいと言われているので、カミソリ負けでお悩みの方は、この機に除毛クリームを考えてみてはいかがでしょう。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク