スポンサードリンク

せっかくのスカートなのに、裾からのぞく膝がぶつぶつ・ざらざらで汚いと恥ずかしいですよね。

ツルツルのきれいな膝でありたいものです。膝のぶつぶつ・ざらざらは原因を突き止めれば、解消法もおのずと見えてきます。

では早速、原因別に見ていきましょう!

埋没毛

膝 ぶつぶつ ざらざら

毛抜きでムダ毛を抜いたときに起こりやすいトラブルに埋没毛があります。皮膚の下で毛が丸まって、それが透けて見えますよね。

埋没毛を発見すると、ついついほじくり出したくなってしまいますが、それは肌を傷つける行為なのでやめましょう。

まずは、毛抜きでの処理をやめること!

埋没毛以外でも、開いた毛穴から細菌が侵入して皮膚炎を起こすなど、トラブルの多い処理法です。

自己処理をするなら、カミソリや除毛クリームなどを使ったほうが安全です。

埋没毛は自然に生えてくるまで待つことになりますが、早く解消したい方は、スクラブやピーリングで肌表面の古い角質を取ってあげると良いでしょう。

毛穴詰まり

もう一つ、ムダ毛処理のアフターケアをしっかり行わないと、開いた毛穴に汚れや古い角質が詰まって黒ずんでしまいます。

毛抜きにしろカミソリにしろ、処理後は皮膚が軽く炎症を起こしている状態なので、できるだけ早くクールダウンさせてあげること。

絞ったタオルでもいいですし、化粧水を冷蔵庫で冷やしておけば保湿にも使えて一石二鳥ですね。

毛穴詰まりは肌代謝が悪くなっていても起こるので、規則正しい生活を心がけましょう。

刺激

膝 日焼け 効果

膝ってあまり汗をかかないですよね。

膝は皮脂腺の数が少なめとされ、乾燥しやすい部分です。

そして、肌が乾燥するとちょっとした刺激にも弱くなってしまいます。

具体的には、

  • 紫外線
  • 膝立ちのような膝をつく動作
  • きついジーンズを履く

といった服の摩擦などです。

まずは乾燥対策

毎日お風呂上りにはしっかり保湿しましょう。

ボディクリームでも良いのですが、乾燥が気になるようなら顔と同じように化粧水とクリームを併用します。

保湿の基本は「水分」と「油分」をバランスよく補うこと。

化粧水でしっかり水分を叩きこんだあと、クリームの油分で蓋をしましょう。乾燥が酷いようなら保湿力の高いワセリンもおすすめです。

皮膚病の可能性も

ぶつぶつが酷かったり、痒みが強かったり、赤く腫れていたり。

日頃のケアをしっかり行っていても、ぶつぶつ・ざらざらが解消されないようなら、早めに皮膚科などを受診しましょう。

皮膚病の場合は、ステロイドなどの薬を使わないと治らないこともあります。

まとめ

膝のぶつぶつ・ざらざらは、日常のちょっとしたことが原因となっていることも多いです。

まずはその原因を考えて、ムダ毛処理の方法が間違っているのか、保湿を怠っているのか、生活が乱れているのか、それを突き止めたら、間違っているところを治してみましょう。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク