スポンサードリンク

ワックスを塗って剥がせばツルツルになるはずだったのに、微妙に毛が抜けずに残ってしまった経験ってありませんか?

そんな時ベビーパウダーが手元にあれば、もう失敗しなくて済むかもしれません。

それにベビーパウダーは、ブラジリアンワックスの失敗を防ぐだけでなく、痛みの軽減にまで役立ってくれる可能性があるのです。

どういうことなのか、さっそく見ていきたいと思います。

ブラジリアンワックスを塗る前にベビーパウダーをつける効果って?

ブラジリアンワックスは、VIOの脱毛に使う人が多いのではないでしょうか。

デリケートゾーンって蒸れやすいですし、場所が場所なので不潔になりがち…。

なので、お風呂やシャワーできれいにした後に使う人が多いと思います。

ですが、デリケートゾーンが完全に乾いていない状態でワックスを塗ってしまうと、吸着力が落ちてしまい、毛をしっかり絡め取ることができなくなってしまいます。

もちろん、きちんと乾いてから使うことが大前提ですが、ワックスを塗る前にベビーパウダーを薄く付けると、パウダーが水分を吸着してくれるため、ちゃんとワックスと毛がくっつくようになりますよ。

ベビーパウダーを付ける時の注意点は?

ブラジリアンワックス セルフ ベビーパウダー

水分はワックスの吸着力を落とす原因ですが、それ以外でも皮脂や汚れ、それにボディクリームなども吸着力を落とす原因となってしまいます。

ワックスを塗る前はできるだけ清潔な状態にしておき、付けるのはベビーパウダーだけにしましょう。

ベビーパウダーもたっぷりつけてしまうと吸着力が落ちてしまうので、薄く付けるようにしてくださいね。

ブラジリアンワックスの痛みの軽減にも効果的?

ブラジリアンワックスって毛ごと一気に剥がすので、どうしても痛みが伴いますよね。

あの痛みは、毛を抜く痛みだけでなく、肌からワックスを剥がすときに発生する痛みでもあります。

それを軽減するには、できるだけ肌にワックスを付けないこと。

「え、それでブラジリアンワックスの効果は落ちないの?」と思うかもしれませんが、要は毛にワックスが付いていれば良いので、肌にまでワックスを付ける必要ってないんです。

そのため、ベビーパウダーを薄く付けて、肌とワックスの接地面を減らすことは、痛みの軽減にも繋がるのです。

まとめ

ブラジリアンワックスで毛が上手く抜けないという人は、ワックスがしっかり毛と吸着できていない可能性があります。

原因は水分や皮脂などが肌に残っていること!

そういったものを吸着してくれるベビーパウダーですが、肌をワックスから保護することで、毛を抜くときの痛み軽減にも繋がります。

ベビーパウダーはブラジリアンワックスのスターターセットなどで、すでに同封されていることもありますし、ドラッグストアで数百円も出せば買えるものなので、一つ持っておくと便利です。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク