スポンサードリンク

肌に優しい脱毛方法として注目のブラジリアンワックスですが、肌へのダメージが0というわけではありません。

ワックスを塗って毛ごと剥がすものなので、結局のところはガムテープで「ビリッ」と剥がすのと根本は同じ。

もちろんガムテープで脱毛するのはNGですが、ブラジリアンワックスもアフターケアをしっかりできないとNGなんです!

よくある肌荒れ

ブラジリアンワックス セルフ脱毛

ブラジリアンワックスは、主にVIOの脱毛で使われるもの。

デリケートゾーンは肌が薄く柔らかいため、少しの刺激に対しても非常にデリケートです。

そのため、ブラジリアンワックスで脱毛しても、肌荒れすることは決して珍しいことではありません。

よくあるのは、赤くなったり、かゆくなったり、ぶつぶつができたり…。

きちんとケアしていれば数日で良くなりますが、放置してしまうと余計に酷くなったり、開いた毛穴から細菌が侵入して大変なことになったりしますよ。

アフターケアの方法

アフターケアの基本は「クールダウン」と「保湿」です。

①クールダウン

ブラジリアンワックスで毛を抜いた後というのは、軽い炎症が起こっている状態です。

炎症を抑えるためにも、冷やした濡れタオルなどで早めにクールダウンさせましょう。

②保湿

冷蔵庫で冷やした化粧水を使えば、クールダウンもできて一石二鳥ですね。

保湿はブラジリアンワックスをした当日だけでなく、毎日欠かさずに行うことが大切です。

③お風呂

脱毛した当日は、お風呂で温まるのは控えましょう。

シャワーのみにして、脱毛した部分はゴシゴシ洗わず、優しく泡で洗うようにしてください。

④清潔に

脱毛をしてから3日ぐらいは、温泉やプール、運動など汗をかくようなことは控えましょう。

幹部をできるだけ清潔に保つことがアフターケアのポイント!

デリケートゾーンは普通にしていても蒸れやすいので、こまめにケアしてあげたいですね。

埋没毛対策も

ブラジリアンワックスで、肌荒れと同じくらい気を付けたいのは埋没毛。

新しく生えてきた毛が埋まってしまう現象です。

よく毛抜きでムダ毛処理している人だと、経験しているのではないでしょうか。

ブラジリアンワックスでも埋没毛は割と多いトラブルです。

埋没毛対策にはスクラブ!

余分な角質を落として肌表面を健やかに保つことで、毛が真っすぐに伸びてくるよう促します。

ただしスクラブは、ブラジリアンワックス脱毛をして1週間後くらい経ってから始めるようにしてください。

ペースも週1~2回で十分です!

まとめ

ブラジリアンワックスでは、脱毛後の肌荒れや埋没毛といったトラブルが多発します。

もともとデリケートゾーンは肌が敏感なので、ある程度は仕方ないのですが、少しでも軽くするためにアフターケアはしっかり行ってくださいね。

脱毛直後はクールダウン、そして保湿、1週間ほどしたらスクラブマッサージで埋没毛も予防しましょう。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク