スポンサードリンク

男性ほどではないけれど、女性でも口ひげって生えてきますよね。

気になって毎日処理をしているという人もいるのでは?

ですが頻繁に処理をするほど、実は色素沈着を起こしやすく、鼻の下が黒ずんだり、青や緑っぽい色になってしまったら、まるで本当にひげが生えているみたいになってしま事も…。

では一体それを避けるためには、どうしたら良いのでしょうか。

色素沈着への対策は?

鼻の下が黒ずんでしまった場合、隠すためにいつもよりお化粧を厚くしますか?

ですが、コンシーラーを使ってみても、意外と隠し切れないのが色素沈着です。

化粧をしたらかえって目立ってしまったという経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

色素沈着が起こるのは、メラニン色素が原因です。

日焼けや乾燥、口ひげの処理による刺激などでメラニン色素が増えてしまうことで黒ずんで見えてしまうのです。

なので、いくら化粧で隠しても、根本的な部分から目を逸らしていては、いつまで経っても改善しません。

正しい口ひげの処理方法は?

まずはメラニン色素を増やさないこと。

鼻の下って日焼け止めを塗り忘れそうになりますが、かならず紫外線対策はしてくださいね。

そして、保湿が重要!

日焼けをしてもしていなくても、肌にしっかり水分を補給してあげる事が大切です。

化粧水をたっぷりつけて、色素沈着が気になる人は美白美容液も使いましょう。

寝る前に保湿力の高いワセリンを塗ることも有効です。

口ひげの処理は毎日行いたい人もいると思いますが、頻繁にカミソリで剃っていると肌にダメージが蓄積して、色素沈着も進んでしまいます。

頻繁に処理したいなら、サロンやクリニックで処理してもらったほうが効率的ですね!

こんなところにも注目!

できれば、食事にも気を付ける事をオススメします。

ビタミンCにはメラニン色素の生成を抑える作用があります。

柑橘類、いちご、パプリカ、緑茶などは普段から摂りやすいですね。

また、ビタミンEの血流改善作用も、代謝を良くしてくれるのでオススメです。

植物油やナッツ類などもバランス良く食べると良いでしょう。

あとは、ピーリング!

余分な角質を落としてあげることで、肌の生まれ変わりを助けます。

ただし、肌のターンオーバーは28日周期と言われているので、1日2日で生まれ変わるわけではありません。

そのあたりを理解して、長い目で肌の改善をしていきたいですね。

まとめ

口ひげを処理しすぎると、その刺激で鼻の下が色素沈着を起こしてしまうことがあります。

色素沈着はメラニン色素が増えてしまっている証拠!

お化粧で隠しても、増えてしまったメラニン色素が解消されるわけではないので、根本を見つめなおして肌の改善を意識して行っていきましょう。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク