スポンサードリンク

友達にも聞きにくいデリケートゾーンの処理方法。

意外と、ベストの方法を知らずに処理してしまっている人も多いのではないでしょうか?

「普段そんなに見える部分じゃないし、いいかな」と思っていても、いざ温泉に行ったり、彼氏の家にお泊りしたときに焦るのは目に見えています。

ここで、正しいデリケートゾーンの処理方法について見ておきましょう。

自己処理はリスクが付きもの!

今回は、やっている人の多い「剃る」という方法と、おすすめしたい「切る」方法についての解説です。

ですが、おすすめだからと言ってリスクゼロというわけではありません。

アンダーヘアを自分で処理する以上、必ずメリットとデメリットの両方が存在します。

できるだけデメリットを少なくしたいという人は、サロンやクリニックなどでプロにお任せしてしまうのが良いでしょう。

「剃る」メリットとデメリットは?

剃るといったらカミソリ、それに電気シェーバーという人もいることでしょう。

この方法を取る人は、なにより手軽だからというのが理由ではないでしょうか。

あっという間に処理できてしまいますし、カミソリなら100円でも手に入ります。

ですがその手軽さを優先していると、大事なデリケートゾーンが取り返しのつかないことになってしまうかもしれません。

カミソリで剃ると、どうしても毛の断面が鋭くなってチクチクしやすくなってしまいます。

また、肌に直接刃が当たっているわけですから、皮膚も削れています。

しっかり処理後のケアをしないと、肌荒れを起こして痒みと戦うことになってしまうかも。

カミソリで剃るなら、シェービングクリームでしっかり肌を保護して、一回で剃れるようなよく切れる刃を用意して、処理後はしっかり肌ケアをするようにしましょう。

「切る」メリットとデメリットは?

カミソリと同じくらい手軽で安いハサミ。

剃るわけではないので、肌に直接負担はかかりませんし、適度に量を減らして整えることが可能です。

ですが、ハサミだとやはり毛先がとがってチクチクしやすいですし、アンダーヘアの形を変えることはできません。

それに、意外とバランスよく整えることが難しくて、不格好になってしまったという失敗談もよく耳にします。

アンダーヘアを「切る」ならヒートカッターを使うのがおすすめ!

クシで梳かすようにして毛を熱で焼き切るものなので、肌に負担はかかりませんし、毛先も丸くなるのでチクチク解消にもなります。

まとめ

アンダーヘアの処理方法としては、「剃る」よりも「切る」ほうがおすすめ!

ただし、ハサミだと毛の断面がチクチクしやすいので、ヒートカッターを用意したほうが良いでしょう。

ちなみに、アンダーヘアを毛抜きで抜く方法は絶対にNG。

除毛クリームやブラジリアンワックスも、肌が弱い人は要注意ですよ。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク