スポンサードリンク

小学校高学年、中学生ぐらいになると腕や足、それにわきの下のムダ毛が気になり出すと思います。

さて、どうやって処理したら良いのでしょうか?

まず思いつくのがカミソリだと思いますが、カミソリって結局のところ刃物です。中学生が使って危なくないんでしょうか。

カミソリで除毛するのはアリ?ナシ?

カミソリ 女性

カミソリのメリットは?

ドラッグストアに行くといろいろなカミソリが置いてありますが、電気シェーバーや除毛クリームと比べると、全体的に安価です。

中学生のお小遣いでも買えちゃうところが魅力ですよね。

それに、なんと言ってもよく剃れるので、ムダ毛処理初心者さんでも正しく使えば、ツルツルでキレイに剃ることができます。

ですが、カミソリはメリットよりデメリットのほうが多いので要注意です。

カミソリのデメリットは?

よく剃れるということはその分、肌も削れやすいということ。

「間違って皮膚もバッサリ切ってしまった!」という意見も多いですね。

またバッサリ切らなくても、目に見えない小さな傷がたくさんできている可能性もあります。

そこから細菌が侵入することだって考えられますし、よくあるトラブルとしては「かゆみ」や「赤いブツブツ」といった皮膚トラブルも起こりやすいです。

安全に使うには?

できるだけ肌への負担を軽減するために、カミソリの刃を肌に当てる回数を少なくするようにします。

同じところを何度も剃らないこと、つまり一回でスッと剃れるような、よく剃れるカミソリを用意しましょう。

刃は定期的に交換すること、月1回のペースが目安です。

また、女の子なら必ず女性用のカミソリを用意する事がポイント!

男性用のものは、硬く太いヒゲを剃るためのものなので、女の子の肌には強すぎます。

女性用のものは、肌に負担の少ない3枚刃、5枚刃のものが主流で、シェービング剤代わりになるスムーサーがカミソリについて売られているものも多くあります。

中学生が買うなら、横に滑って「スパッ」といくのを防止する安全ガード付きのものを選ぶと安心ですね。

まとめ

そろそろムダ毛処理が気になる中学生。

カミソリは安く手に入って簡単にムダ毛を剃れる分、肌への負担も大きいため、中学生のデリケートな肌には要注意です。

安いものは100円ショップでも手に入りますが、切れ味があまり良くないことも多いので、できればドラッグストアなどできちんと機能が付いたものを選びたいですね。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク