スポンサードリンク

脇の臭いは誰しも気になるもので、特にワキガの方はその悩みも深刻です。

そんなワキガに関して、毛抜きでムダ毛処理を行うと臭いが酷くなったり、ワキガじゃなかった人がワキガになると言ったウワサがあるんだとか!

はたして毛抜きとワキガに因果関係はあるのでしょうか?詳しく調べてみたいと思います。

ワキガのメカニズムとは?

ワキガの人は、普通の人と何が違うのでしょうか?

それは、「アポクリン腺」という汗腺の数の違いです。

汗腺には、エクリン腺とアポクリン腺の2つがありそれぞれ異なる特徴があるんです!

エクリン腺から出る汗は、ほぼ水分のサラッとした汗でほぼ無臭。

それに対してアポクリン腺から出る汗は、たんぱく質や脂質などの成分を多く含んでいてベタっとしていて、たんぱく質や脂質などは雑菌のエサとなり、ニオイを発生させる原因となってしまいます。

つまり、アポクリン腺の数が多い人がワキガになる傾向にあるということなのです。

毛抜きでワキガは酷くなる?

アポクリン腺の数は生まれつき決まっているものです。

そのため、毛抜きで抜いたからといってアポクリン腺の数が増えるわけではないので、ワキガが酷くなることとは直接的には関係ないようです。

しかし一方で、毛抜きで自己処理を繰り返していたら、脇の臭いがきつくなったという意見もあるようなんです。

毛抜きでニオイがキツくなる理由は?

エクリン腺は皮膚の浅いところにあり、汗の出る穴は皮膚に直結しています。

それ対してアポクリン腺は、少し深いところにあり汗の出る穴は毛穴に繋がっています。

つまり、毛抜きで抜くことで毛穴に刺激を与えると、アポクリン腺も刺激され、汗の分泌量が増える可能性があるということなのです。

今まではそれほど汗の臭いが気にならなかったのに、毛抜きで処理をしているうちに臭いが強くなったという場合には、もともとアポクリン腺の数が多かった「隠れワキガ」なのかもしれません。

その場合のケア方法は?

毛抜きとワキガが直接的には関係ないとしても、実際に脇の臭いがきつくなったという人はいます。

どちらにしろ、毛抜きで抜くと刺激が強すぎて肌トラブルを招きやすいので、カミソリや除毛クリームなど別の方法に変えたほうが良いでしょう。

簡単なワキガ対策とは?

ワキガの治療は手術が確実!

ですが、「いきなり手術は怖い」という人には、日常生活で対策することをオススメします。

まずは、脇のケアから。

ニオイの元となる雑菌は高温多湿を好みますので、汗はこまめに拭き取って、制汗剤などのアイテムも併用しましょう。

また雑菌のエサとなる汗には、たんぱく質や脂質などが多く含まれています。

この点に注目して、脂っこいものや肉や乳製品といった動物性たんぱく質の摂りすぎにも気を付けると良いでしょう。

まとめ

わきがはアポクリン腺という汗腺の数で決まります。

アポクリン腺の数は生まれつき決まっていて、毛抜きでムダ毛処理をしたからといって増えるものではありません。

ですが、毛抜きでの処理によってアポクリン腺が刺激され、汗の分泌量が多くなることはあるようですので、そんぼ場合の脇毛の処理は、毛抜き以外の方法にしましょう。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク