スポンサードリンク

脇 毛抜き

ノースリーブで腕を上げたとき、脇がぶつぶつだと恥ずかしいですよね。

せっかくムダ毛をきれいに処理していても、その下の肌が汚くては残念に思われてしまいます。

実は脇のぶつぶつは、ムダ毛処理の方法に問題があるからかもしれません。

もう一度、脇毛の処理の仕方を見直しつつ、すでに出来てしまったぶつぶつはどうしたら治るのか見ていきたいと思います。

毛抜きは絶対にダメ?

脇だけではありませんが、ムダ毛処理の方法として毛抜きでの自己処理は一番良くありません。

毛を無理やり引っ張るため肌や毛根へのダメージが大きく、皮膚トラブルも起こしやすくなってしまうからです。

脇の処理はカミソリを正しく使って行うか、除毛クリームなどのアイテムを使うか、もしくはエステやクリニックなどのプロにお任せすると良いでしょう。

脇の下の肌は非常に柔らかく、デリケートです。丁寧すぎるぐらい丁寧に扱ってくださいね!

ぶつぶつの原因は?

では、もう少し毛抜きによるぶつぶつの原因について詳しく見ていきましょう。

①炎症

毛を無理に引っ張っているわけですから、その刺激はかなりのもの。

試しにどこか肌に爪を立ててみると分かりますが、赤く腫れますよね?それと同じで、肌に軽い炎症が起こって腫れているために、ぶつぶつとして見えるのです。

また、毛を抜くと毛穴が開いた状態になります。

すぐにクールダウンさせて毛穴を閉じればいいのですが、そのまま放置していると開いた毛穴から細菌が入り込んでしまうこともあります。

その結果、毛嚢炎という皮膚炎になってしまっている可能性もあるので要注意です。

②毛穴詰まり

開いた毛穴には細菌だけでなく、汚れも詰まります。

脇は汗をかきやすい部分なので、汗や皮脂、その他の汚れが毛穴に詰まってしまうことで、ぶつぶつとなって現れることもあるのです。

③埋没毛

毛抜きはどうしていけないのかと言えば、この埋没毛の心配があるから!

新しく生えてきた毛が皮膚から出てこられずに、皮膚の下で丸まって伸びてしまう現象です。

放っておけば普通に生えてきますが、そこで無理に引っ張り出そうとして皮膚を傷つけてしまうと、細菌が入り込んで化膿してしまうこともあるため危険です。

埋没毛は見た目も悪いですし、まずは予防策として毛抜きによる処理をやめるようにしましょう。

保湿でぶつぶつ改善

すでにぶつぶつで脇が荒れているという人は、早めに治したいたいと思います。

そこで、ぶつぶつ解消には保湿を重点的に行って肌ケアをすること!

セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンといった保湿成分が配合された化粧品を選ぶと良いでしょう。

脇の下の保湿は、できれば1日2回は行いたいところです。

まとめ

毛抜きで抜いたとき脇にできるぶつぶつは、肌が炎症を起こしていたり、毛穴詰まりが起きている証拠です。

治すためには、肌ケアを丁寧に行うこと!

ついつい忘れてしまいがちな脇の下の保湿ですが、きれいな脇を手に入れるためにもしっかりケアしてあげたいですね。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク