スポンサードリンク

除毛 カミソリ かゆい

カミソリでムダ毛処理したあとの肌って、触ってみるとチクチクしますよね。

「まるで、髭剃りをしたお父さんの顎を触っているみたい…」と気になっている人も多いと思います。

せっかく剃ってお手入れしたのに、チクチクしたり、ヒリヒリしてかゆくなったりするのは嫌ですよね。なにか対策はあるのでしょうか。

カミソリはチクチクしやすい?

カミソリは肌表面に出ている毛を剃るもので、毛を完全になくすものではありません。

つまり、長かった毛を短くした状態なので、触ったときに硬い手触りになるということなのですね。

髪の毛を触ってみるとわかるのですが、長い毛はしなるためチクチクすることはありません。

また、毛先が時間をかけて丸く、細くなっていくことも、チクチクしない理由となっています。

チクチクしない剃り方はあるの?

どうしてもカミソリでムダ毛処理をしている限り、チクチクトラブルは付きまといます。

ですが、それを緩和させる方法はいくつかあるので、ご紹介したいと思います。

解消方法①「剃る前に肌や毛を温めること」

これは皮膚の保護にも繋がるのですが、温めることで毛穴が開き、肌や毛が柔らかくなるため、剃った後のチクチク防止が期待できます。

解消方法②「抑毛剤を使って毛質を変える」

生えてくるスピードを遅くしたり、毛を細くしたりすることで、チクチクしにくい毛質にします。

かゆくなるのはカミソリ負けの証拠!

カミソリによる除毛でチクチクと並ぶトラブルに、肌がかゆくなったり、赤いブツブツが出たりという肌トラブルがあります。

これはカミソリ負けによるもので、足のすねや足の甲、手の甲、顔などの皮膚が薄い部分で起こりやすくなっています。

そこで、肌に負担をかけない剃り方をして対策しましょう。

肌に負担をかけない対策は?

カミソリはよく剃れるものを用意して、できるだけ一回で剃り切れるようにします。

剃り味を維持するため、カミソリの刃は月1回のペースで交換したいですね。

あとは、剃る前に肌や毛を温めること、必ずシェービングクリームなどを使うこと(石鹸はダメ!)、剃った後はしっかり保湿ケアをすることです。

まとめ

カミソリによるムダ毛処理で起こりやすい、チクチク、かゆみの二大トラブル。

カミソリは手軽な分、正しく使わないとトラブルも招きやすいため注意したいところです。

意外と肌に負担もかかっているので、剃る前から反った後までケアはしっかり行いたいですね。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク