スポンサードリンク

暑い夏の時期、それに生理のときってデリケートゾーンの蒸れが気になりますよね…。

不快感を我慢して一日を過ごすのって結構大変で、デリケートゾーンの蒸れを気にせずに過ごせる方法があるとしたら、やってみたいと思いませんか?

そこで今回は、気になるデリケートゾーンの蒸れとアンダーヘアは関係しているのか、詳しく調べてみたいと思います。

そもそもどうして蒸れるの?

デリケートゾーンは、蒸れやすい条件がそろっているってご存知ですか?

まず、そもそも下着やストッキングなどで通気性が悪くなっている事!

普段はあまり意識しないかもしれませんが、デリケートゾーンにも汗腺は存在するので汗もかきますし、生理のときは、さらにそこに経血やナプキンも加わるので余計蒸れが生じてしまうのです。

さらにアンダーヘアが毛深い人というのは、湿気がこもりやすく、雑菌も付きやすいという悪条件が揃います。

アンダーヘアは生えっぱなしにしているという人は、アンダーヘアのケアから行ってみても良いかもしれません。

簡単にアンダーヘアを処理する方法!

アンダーヘアの量を調節するだけでも、だいぶ蒸れ対策にはなります。

ハサミでカットして長さを調節するだけなら、自分でも簡単にできますが、どうしてもハサミでカットするとチクチクしやすいので、気になる人はトリマーなどの専用器具を使うと良いでしょう。

さらに鏡を見ながら、慎重に整える事をお忘れなく!

ちなみにアンダーヘアの処理に、定番のカミソリや毛抜きは不向きです。

デリケートな肌を傷めてしまい、肌トラブルの原因となってしまうので絶対に使わないでくださいね。

アンダーヘアの脱毛

あとは、エステやクリニックでVIO脱毛を受けること。

きちんと施術を受ければ、その後は生理のたびに蒸れに悩む必要がなくなるので魅力的です。

医療脱毛というとツルツルになってしまうイメージかもしれませんが、アンダーヘアの形を整えつつ、適度に量を減らす施術もありますので、気軽に相談してみる事をオススメします!

まとめ

デリケートゾーンはどうしても不衛生になりやすい場所な上に、下着やアンダーヘアなどで通気性も悪くなっているため蒸れやすく、ニオイも気になります。

下着の素材を通気性が良いものに変えてみたり、こまめにウォシュレットのビデを使ったり、それでもダメな場合は、アンダーヘアの脱毛を考えてみても良いのかもしれませんね!

是非参考にしてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク