スポンサードリンク

脇毛 剃る メリット

脇毛の処理は、剃るか抜くかのどっちかだと思います。

毛抜きで抜くのに比べて、カミソリで剃るなら痛みも少なく時間もかからないですし、一番良い方法のようにも感じますが、もちろんデメリットも存在します。

そこで今回は、そのデメリットについて見ていきながら、本当にカミソリで剃る方法を続けるのか、ぜひ考えてみてください。

毛だけじゃなくて実は肌も剃っていた?

カミソリの刃で剃っているのはムダ毛だけだと、そう思ってはいませんか?

肌の上に刃物を滑らせているわけですから、肌の表面にある角質も削がれています。

つまり、カミソリで処理をしたあとの肌というのは、傷ついている状態…。

カミソリ負けも肌が傷ついているために起こり、特に脇の下の皮膚というのは非常に薄く、やわらかいので十分に注意して扱わなくてはいけません。

濡れているときは絶対にダメ!

お風呂に入ったついでに、カミソリでムダ毛を処理するなんて人も多いですよね?

でも実はこれはNG行為なんで、ボディソープを付ければ大丈夫とかいう問題ではありません。

濡れた肌というのは、ふやけていますよね?

角質も同じようにふやけて柔らかくなっているので、いつもより弱い状態にあるのです。

カミソリでの処理は、必ず乾いた肌で、専用のシェービングクリームなどを付けて行う事がポイントです。

カミソリ以外なら何を使う?

カミソリでの処理をやめたい方は、代用品には何を使いますか?

脇毛は毛抜きで処理している方も多いですが、毛抜きで無理に引っこ抜くやり方は、やはり肌を傷つけます。

同じ「剃る」という方針でいくと、電動シェーバーがおすすめ!

電動シェーバーは、刃が直接肌に当たらない構造になっているので、肌へのダメージも軽減されます。

もしくは除毛クリームも、肌に合わなくて肌荒れを起こす可能性はありますが、全体的にダメージは少なくて済むと言われています。

まとめ

カミソリは手軽にできる処理法ですが、皮膚の柔らかい脇の下では、皮膚が傷ついて肌荒れを起こしやすいので十分に注意しなくてはいけません。

カミソリなら、4枚刃や5枚刃のものを選ぶと、肌へかかる負担も分散されてダメージも軽減されますよ。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク