スポンサードリンク

アナタは、脇毛の処理をする際は剃っていますか?それとも抜いていますか?

伸びてくる期間を考えると抜いたほうが良い気もしますが、実際のところ、剃ると抜くではどのくらいの差があるのでしょうか?

抜いたほうが生えてくるまで時間がかかる?

剃っただけでは、皮膚の下に毛が残っている状態なので、そのまま伸びてきます。

だいたい次の日には、もうチクチクしてくるのではないでしょうか?

それに比べてムダ毛を抜いてしまえば、また毛を一から作り直すことになるので、生えてくるまでに時間がかかります。

個人差はありますが、2~3日で遅い人なら1週間ほどで新しい毛が生えてくるようです。

脇毛のサイクルって?

体毛には、すべて「毛周期」というものがあります。

これはいわゆる毛のサイクルの事で、毛が成長して伸びる「成長期」、毛が自然に抜け落ちてくる「退行期」、新しい毛が生えてくるまでの準備期間である「休止期」の三段階があります。

この毛周期は、体の部位によっても変わってくるのですが、脇毛の場合は成長期が2~5ヶ月、休止期も3~4ヶ月あるとされています。

脇毛は1日に0.3mmも伸びるんです!

脇毛は、成長期には1日3mmほど伸びると言われています。

そう考えれば、カミソリで剃った翌日にチクチクしてしまうのも納得ですよね?

ところで、脇毛には休止期が3~4ヶ月あると言いましたが、その期間に毛がまったく生えないというわけではありません。

実は、生えている毛というのは、全体で見たときの20%ほどしかなく、20%の毛周期が終わったら、次の20%が生えてくると、バトンタッチしているのです。

自分で抜くのはとても危険!?

ここまで、脇毛を抜いたときの話をしてきましたが、自分で毛抜きを使って抜くのは危険です。

無理に毛を引っ張ることで毛根や皮膚を傷めてしまうこともありますし、毛穴が開いて、そこから雑菌が侵入してしまうこともあります。

もし脇毛を抜きたいというようなら、家庭用脱毛器か、もしくはエステやクリニックにお願いするようにしましょう。

まとめ

脇毛を抜いた場合、生えてくるまでには2~3日かかることが多いようです。

毛にはそれぞれ毛周期がありますが、脇毛の場合は2~5ヶ月かけて伸びたあと、自然に抜け落ちるというのが一般的です。

それ以外の期間に無理やり抜いてしまうと、毛根や肌を傷めてしまう可能性があるので注意しましょう。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク