スポンサードリンク

せっかく脇毛を処理しても、そのあとの肌がブツブツで結局ノースリーブを着られない。

女性として、脇の下はきれいにしておきたいところです。

脇がブツブツになる原因は、ほとんどの場合が間違った自己処理…。

特に、毛抜きで抜いている場合は注意が必要なんです!

毛穴が開く

脇 毛穴

毛抜きで無理に引っこ抜くと、毛穴が大きく開いてしまいます。

その原因は主に、毛の流れとは違う方向に引っ張ってしまっていること!

毛穴が開きっぱなしだと、そこに皮脂や角質が詰まってしまったり、ばい菌が入り込んでしまい、それによって毛嚢炎という皮膚病になってしまうこともあります。

強すぎる刺激

もちろん無理に毛を引っ張れば、皮膚や毛根に大きなダメージがかかります。

その刺激で毛穴周辺が黒ずんで、色素沈着を起こしてしまうこともあるので気を付けたいですね。

また刺激によって炎症を起こして、毛穴がぼこっと盛り上がっていることも考えらえます。

脇の下の皮膚はとても柔らかくて薄いので、刺激はできるだけ与えないようにしたいところです。

埋没毛

毛抜きで怖いのは、埋没毛になる可能性が高いこと。

新しく伸びてきた毛が皮膚の下で丸まって、出てこなくなってしまいます。

それだけなら外見的な問題だけですが、丸まった毛先が皮膚の下の組織を刺激することで炎症を起こし、化膿してしまうこともあります。

埋没毛は自然に待てば、いつかは皮膚を突き破って毛が出てきますが、どうしても気になって無理やり引っこ抜こうとしてしまいがち。

それにより傷ついた肌から細菌が侵入してしまうこともあるので、まずが埋没毛にならないよう注意する必要があります。

毛抜きによる自己処理はダメ

脇毛の処理方法としては一般的ですが、毛抜きを使って自分で処理をすることは、肌にとって良くありません。

もし、どうしても毛抜きで抜かなければいけないなら、肌をよく温めて、毛の流れに沿ってスッと一気に抜くこと!

そして最後に冷やして毛穴を引き締めたら、十分に保湿をすること!

これができないようなら、絶対に毛抜きで自己処理してはいけませんよ。

まとめ

脇毛は毛抜きで抜くと、毛穴が開いて毛穴詰まりを起こしたり、刺激によって傷ついた肌に細菌が侵入して皮膚炎を起こしたりと、トラブルが多発しやすいので要注意です。

頻繁に処理が必要なら、エステやクリニックでプロにムダ毛処理をお願いする方が良いかもしれません!

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク