スポンサードリンク

産毛 カミソリ 剃れない

顔それにお腹や背中の産毛って処理していますか?

産毛はそれほど目立つものではありませんが、皮脂や汚れが付着して溜まりやすいので、きちんと処理をすれば肌トラブルを予防することもできます。

ですが、産毛って柔らかくて細いからカミソリで剃ろうとしても上手く剃れないことがありますよね?

一体どうしたらよいのでしょうか?

アナタはどんなカミソリを使っていますか?

ニッケンかみそりのInstagram公式アカウントを作成しました。 今後ともよろしくお願いします! #カミソリ #ニッケンかみそり

ニッケンかみそり株式会社さん(@nikkenkamisori)がシェアした投稿 –

体ならT字カミソリで良いのですが、顔ならI字カミソリを使ったほうが細かい部分まで剃れて便利です。

もしくは、顔などの細かい部分には不向きですが、電気シェーバーのほうが剃りやすいという人も多いようです。

シェービングクリームの塗り方は?

産毛を剃るときにも、必ずシェービングクリームは使いましょう。

顔ならば、乳液やクリームをたっぷり付けるでもOKですし、産毛の生え方を見て、それに逆らうようにして塗っていくと、産毛が逆立って剃りやすくなるでしょう。

ただし、剃るときは必ず毛の流れに沿って剃る事がポイントです。

温めて⇒冷やす

カミソリで剃る前には、ホットタオルを当てるなどして肌を温めましょう。

お風呂上りに処理を行うのもいいですね!

肌を温めると、産毛や肌が柔らかくなって、さらに毛穴も開くためカミソリで剃りやすくなります。

そして、剃り終わったら今度は冷たいタオルなどで処理した部分を冷やします。

開いた毛穴と肌を引き締めることによって、その後の肌トラブル対策にもなりますね。

体の産毛なら除毛クリームも

顔には基本的に使えませんが、体の産毛なら除毛クリームや脱毛クリームといった商品もオススメです。

もしくは、それほど産毛が濃くないようなら、抑毛クリームで産毛を薄くするというのも一つの手かもしれません。

これらは剃るわけではなく薬剤を直接付けるものなので、きちんと塗ることさえできれば、剃り残しが出ることもありませんね。

まとめ

産毛がカミソリで剃りにくいようなら、もう一度処理の方法を見直してみましょう。

用意したカミソリの切れ味、処理前や処理後のケアなど、細かいところを見直してみて、それでも苦手なようならカミソリ以外の方法に切り替えても良いかもしれません。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク