スポンサードリンク

顔の印象を決める大事なパーツである「眉毛」。

メイクをするようになれば、必然的に気になるパーツである眉毛のお手入れは、毛抜きで抜くという人も多いと思いますが、一歩間違えばまぶたが腫れたり、出血をしたりなんてことになりかねないようなんです。

では一体どうしたら良いのでしょうか?

今回は、眉毛の正しいお手入れ方法について見ていきたいと思います。

眉毛を抜くとまぶたが腫れる?

眉毛は剃るよりも抜いたほうが、仕上がりがキレイですよね?

日本の女性は昔から、それこそ奈良時代から眉毛を抜くというお化粧の習慣が存在しています。

ですが、実は眉毛を抜くという行為は危険がいっぱいなんです!

目の周りの皮膚は、ほかの部分と比べて非常に薄いため、無理に引っ張ったりゴシゴシ擦ったりするのはNG。

ひどければ炎症を起こして腫れてしまうこともあるのです。

アイメイクなどもそうですが、目の周りに触るときは丁寧に、とにかく優しく触れる事をオススメします。

正しい眉毛の処理方法

まゆげ 処理

眉毛のお手入れで気を付けたいのは、できるだけ抜く眉毛を少なくすること。

とにかく眉毛を細くしたいから、抜いて抜いて抜きまっているという人は、ぜひ正しい方法をマスターしていってくださいね!

  1. まずは鏡を見て、どんな眉の形にしたいのかイメージ
  2. イメージが固まったら、眉ブラシで毛の流れを整える
  3. 眉間にある産毛は顔用カミソリで剃る
  4. 長い毛をハサミでカット
  5. 毛量も調節したいので、コームで眉を梳かしながら、コームに沿って一本ずつハサミで長い眉毛を切っていきます。切りすぎには気を付けてくださいね。
  6. 最後に、それでも不要だと思う毛だけを毛抜きで抜きます。

自分の元の眉の形を活かして、あくまでもその形をはみ出てしまっている毛だけを処理してあげてくださいね。

まとめ

眉毛の処理は、やりすぎないことがポイント!

細すぎる眉って、意外と不自然…。できるだけハサミでカットしたり、カミソリで剃ったりして、それでも残ってしまった不要な毛だけを抜くとキレイな美眉毛を目指せちゃうでしょう。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク