スポンサードリンク

ムダ毛 毛穴 2本 原因

特に脇の下で多い1つの毛穴から2本、もしくは3本の毛が生えてくる現象。

「私って毛深いのかな…」とショックを受けてしまいますが、それにもちゃんと理由があったのです。

そこで今回は、1つの毛穴からムダ毛が複数本生えてくる原因について見ていきましょう。

毛抜きによる自己処理が原因?

ずばり、原因は「毛抜き」です。

ムダ毛処理の方法としては定番の毛抜きですが、実は危険がいっぱいで、毛の元である毛根、それに毛穴や肌にも多大なダメージを与えてしまいます。

毛乳頭が分裂する?

毛根には、「毛乳頭」という毛をつくる組織があります。

毛乳頭では、まわりにある毛細血管から栄養を取り込んで、それをもとに毛を作っていきます。

つまり毛乳頭がある限り、毛は生え続けるということなのです。

ちなみに、サロンやクリニックで行われる永久脱毛では、レーザーなどを使って毛乳頭を破壊して、毛が生えてこなくなるようにしているのでツルツルの肌になれるんだとか!

毛乳頭が分裂するとどうなの?

毛を作るうえで大事な毛乳頭ですが、毛抜きでムダ毛を抜こうとして無理に引っ張ると、その刺激で毛乳頭の細胞が2つに分裂してしまうことがあるのです。

毛乳頭が2つになれば、それぞれから毛が作られるので、生えてくる毛も2本になるということですね。

これがくり返されると、さらに分断して毛乳頭が3つ、4つ…なんてことにもなりかねないのです。

毛抜きによるムダ毛処理はNG!

毛抜きでムダ毛を抜くと、毛乳頭が分裂して生えてくる毛が増えるだけでなく、埋没毛といって毛が皮膚の下に埋まってしまうことや、開いた毛穴からバイ菌が入りこんで炎症や化膿を起こしてしまうことも考えられます。

毛抜きは手軽な方法ですが、毛根や肌へのダメージが非常に大きいため、絶対にやってはいけないムダ毛処理の仕方なのです。

まとめ

1つの毛穴から2本のムダ毛が生えてくるのは、毛抜きによる自己処理が原因。

毛を抜こうとして無理に引っ張ることで、毛を作っている毛乳頭が分裂してしまい、作られる毛が増えてしまうという仕組みです。

毛抜きによる自己処理は毛根や肌への負担も大きく、トラブルも起きやすいので、別の方法でムダ毛処理を行ってくださいね。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク