スポンサードリンク

脇の下のムダ毛処理を行ったあと、ブツブツができたり、皮膚が黒くくすんだりといった失敗談はありませんか?

女性として、脇の下はなんとしてもキレイにしておきたい部分ですが、どうしてムダ毛処理でトラブルが起こってしまうのでしょうか?

その原因や対策を検証してみました!

脇の皮膚はとってもデリケートなんです!

ワキ 除毛  ブツブツ  黒ずみ

脇の下って触ってみると分かりますが、皮膚が非常に柔らかいですよね。

脇の下の皮膚は、ほかの部分に比べて皮膚が柔らかく刺激に弱いため、カミソリや毛抜きによるムダ毛処理は負担が大きいのです。

また脇の下のムダ毛というのは、ほかと比べて生え方が深いため、毛根ごと抜くような脱毛はとくに注意が必要なんです。

ブツブツの原因は?

鏡で見たときに黒いブツブツがあるようなら、埋没毛か、毛穴に汚れが溜まってしまっている可能性が考えられます。

埋没毛は、毛抜きで毛根ごと抜いたときに起こりやすいトラブルですが、カミソリで深剃りしたときにも起こりやすくなっています。

また間違ったムダ毛処理をしていると、毛穴が開いてしまい、そこに本来なら剥がれ落ちるはずの角質や皮、脂といった汚れが溜まってしまうこともあるのです。

黒ずみの原因は?

脇全体がくすんだような色になっているなら、間違ったムダ毛処理によって色素沈着が起こっている可能性が考えられます。

主な原因は、摩擦や乾燥、そして皮膚にできた小さな傷!

脇の下の肌は非常にデリケートなので、強くこすると刺激が強すぎてしまいます。

ムダ毛処理の際に十分な肌の保護や、処理後の保湿ができていないと、乾燥も心配ですね。

また、カミソリや毛抜きは肌に傷がつきやすく、そこからバイ菌が入りこんで炎症を起こしてしまうことも…。

色素沈着による黒ずみは、美白化粧水やピーリングで多少の改善は可能ですが、まずは大前提として間違ったムダ毛処理を正すようにしましょう。

まとめ

脇の下は皮膚が非常にデリケートなので、ムダ毛処理には十分に気を付けなくてはいけません。

できれば、カミソリや毛抜きは肌へのダメージが強い方法になってしまうので、控えたいですね。

ブツブツや黒ずみが出てしまうと、元に戻すのは大変になってしまうので、出る前にムダ毛処理の仕方を見直したいところです。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク