スポンサードリンク

デリケートゾーン 毛 薄く

なかなか人に相談もできない、デリケートゾーンの毛事情…。

温泉に行ったり、水着を着たり、彼氏がいるなんて人も気になっているのではないでしょうか?

そこで今回は、「普通の人より濃かったらどうしよう」「もっと薄くしたい」「剛毛をふわふわにしたい」そんなお悩みへの解決策を見ていきたいと思います。

サロンやクリニックで処理する!

一番確実なのは、サロンやクリニックの医療脱毛を頼る方法。

レーザー脱毛や光脱毛など、”永久脱毛”というイメージがあるかもしれませんが、毛量を減らしたり、毛質を柔らかく変えたりすることも可能です。

デリケートゾーンを人に見られるなんて恥ずかしいと思うかもしれませんが、向こうはその道のプロなので、そこまで気にする必要はありません。

きちんと「こんな感じにしたい」と伝えれば、理想どおりのデリケートゾーンに仕上げてくれますよ。

家庭用脱毛器を使う!

それでも、やっぱり他人にデリケートゾーンをいじられるのは嫌という人は、家庭用脱毛器を使ってみてはいかがでしょう。

何より自分でできる安心感がありますし、デリケートゾーン以外の部分の脱毛にも使えるので、意外と経済的だったりします。

ただし医療脱毛に比べると、効果が薄いと感じられるかもしれないので、定期的なお手入れが必要になってくる事も…。

ハサミでカットする!

一番簡単で一番リーズナブルな方法は、ハサミで長さを調節することでしょう。

長さを短くすれば、それだけ量も減りますね!

ただし、生えている範囲を狭くするわけではないので、デリケートゾーンの形を整えることには不向きです。

また、ハサミでカットすると断面が鋭くなってチクチクしやすいので、もう少しお金をかけられるのならヒートカッターを使用することをオススメします。

ヒートカッターは、クシのような形のもので、熱で毛を焼き切るもの!

熱で毛を溶かしてカットするので、断面が丸くなってチクチクしないというメリットがあります。

まとめ

デリケートゾーンの毛を薄くする方法をざっと上げてみましたが、気に入った方法はありましたでしょうか?

ちなみに、ムダ毛処理の定番である「毛抜きで抜く」や「カミソリで剃る」は、繊細なデリケートゾーンには危険な行為なので絶対にやめましょう。

毛を柔らかくするだけなら、アンダーヘア専用のトリートメントを使う方法もあるので、検討してみても良いかもしれませんね!

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク