スポンサードリンク

除毛 黒いブツブツ

カミソリで剃った後の肌を見てみると、黒いポツポツが出ていることがありませんか?

特に足はすごく目立ちますし、せっかく剃ったのに結局それが気になってスカートを履けない…なんてことも多いのではないでしょうか。

では一体、その黒いポツポツは何なのでしょう?詳しく調べてみる事に!

毛の断面が見えているだけ?

毛は剃ると太くなる、もしくは濃くなるとよく言われますよね。

その原因がこれなんです!

毛を剃ると断面が見えるわけですが、ちょうど根本付近の毛というのは毛先に比べて太いため、断面が目立ちやすくなっているのです。

実際は、毛が太くなっているわけではないのでご安心を!

毛の断面が黒いポツポツとして見えるというのは、カミソリで剃る以上は仕方のない現象と言えるかもしれません。

埋没毛になっている?

埋没毛は、毛を抜いたほうがなりやすいと言われていますが、毛を剃ってもなることはあります。

そもそも埋没毛とは、本来なら皮膚表面に出てくるはずの毛が、皮膚の下で丸まってしまう現象のこと!

放っておけば自然と皮膚の上に出てきますが、ある程度毛が伸びるまでは我慢するしかありません。

カミソリの場合、深く剃りすぎて肌を傷つけてしまうと、毛の周りの肌が盛り上がり、それによって毛先が肌の下に潜ってしまうことが原因として考えられるのです。

色素沈着や毛穴詰まりが原因?

ムダ毛処理は、少なからず肌に負担をかけます。

くり返される刺激によって、肌がメラニンを大量に作ってしまうと、その部分にピンポイントで色素沈着してしまうことがあります。

また、ムダ毛処理をしたばかりの毛穴というのは、いつもより広がっているため、汚れ(古い角質)が入りこみやすくなっています。

また、広がった毛穴からの汚れだけでなく、細菌などが入りこんで皮膚病を発症してしまうこともあるため、要注意です。

まとめ

カミソリは剃りすぎたり肌を傷つけやすいため、実は危険なムダ毛処理の方法です。

剃った後の肌に黒いポツポツが出てしまう場合は、単なる毛の断面が見えている場合もありますし、毛穴に汚れが詰まってしまっている場合もありますので、ケースに合わせた対策を行うようにしましょう。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク