スポンサードリンク

毛抜き 除毛

カミソリで剃るのに比べて、毛抜きで抜くほうが生えてくるのが遅いので、ムダ毛処理は毛抜きという人も多いのではないでしょうか?

ですが、毛を抜くと次に生えてくる毛が太くなったり、濃くなったり、毛深くなる…なんてウワサを耳にしたことはありませんか?

どうしてそんな噂が広まっているのでしょうか?気になる真相を検証してみましょう。

毛を抜くと毛根にダメージが?

毛抜きで毛を抜くと、その根本にある「毛根」にも少なからずダメージがかかります。

毛根は「毛乳頭」という毛を作って成長させる器官と、「毛細血管」の二つから成り立っていて、その毛が作られる部分に負荷をかけると、次に生えてくる毛が太く丈夫になってしまうというイメージがあるようです。

ですが、実際は逆!

毛根に刺激が加わっても太くなることはなく、かえって毛乳頭にダメージがかかることで毛は細く、生えにくくなっていくようです。

初めて毛抜きで処理した時って、めちゃくちゃ痛い記憶がありませんか?

でも、今は「スッ」とそれほど痛くもなく抜けるようになっている…。これも、毛が細くなっているということが考えられます。

人によっては太くなることも?

しかし人によっては、脱毛により突然に毛が太くなる「硬毛化」や、それに伴い毛が増えたように感じる「多毛化」を引き起こすことがあります。

これに関しては科学的に解明されていないのですが、脱毛による刺激が原因ではないかと言われています。

急に産毛だったものが太くなって生えてきたり、それによって毛量が多くなったように感じたりします。

これは、毛抜きによる脱毛でも、家庭用の脱毛器でも、病院で行うレーザー脱毛や光脱毛でも起こりうる現象なのです。

毛抜きでの処理は絶対にダメ!!

自分で毛抜きを使ったムダ毛処理をすると、埋没毛を引き起こしたり、毛嚢炎(もうのうえん)といって、抜いた毛穴からバイ菌が入りこんで、炎症を引き起こす皮膚炎を発症したりする危険性があります。

ついつい手軽にできるムダ毛処理の仕方ですが、出来る事なら毛抜き以外の方法をオススメします。

まとめ

基本的に毛抜きでムダ毛処理をしても、毛が太く濃くなったり量が増えたりということはありません。

ですが、人によっては突然に毛が濃くなる硬毛化を引き起こすこともあるので、頭の片隅に入れておくと良いでしょう。

毛抜きでの処理は、様々なトラブルを招きやすい事も…。

簡単だからと毛抜きで処理している人は、是非この機会に見直してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク